W杯サッカーの熱狂と遺産 : 2002年日韓ワールドカップを巡って

黄順姫 編

日韓W杯共催は、双方の社会の何を映し出し、何を残したのか。余韻さめやらぬ2002年FIFAワールドカップの遺産に、身体文化、メディア、時空間の政治学などの視点から、日韓の社会学者たちが挑戦する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 W杯空間の地政学(ワールドカップと都市の文化/政治
  • ローカルなものの回復とコスモポリタンな経験-2002年W杯と大分
  • 笑う男、もしくはガルガンチュアとヘラクレス-2002年W杯にみる男らしさ)
  • 第2部 W杯のリアリティ・バーチャル・ヘリティジ(漂白されたナショナリズム-ジャパニーズ・フーリガンの誕生
  • 「フーリガン」という幻-メディアが生み出したもうひとつのW杯
  • ワールドカップが日本のサッカーに残したもの)
  • 第3部 W杯言説、身体のメモリー(ワールドカップとナショナリズム-韓国と日本の言論の比較から
  • 国旗ファッションを巡る集合的記憶の再構築
  • スポーツとリズム-2002年W杯にみるル・ブルーとセレソン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 W杯サッカーの熱狂と遺産 : 2002年日韓ワールドカップを巡って
著作者等 黄 順姫
書名ヨミ Wハイ サッカー ノ ネッキョウ ト イサン : 2002ネン ニッカン ワールド カップ オ メグッテ
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.11
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4790710262
NCID BA64754672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20564022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想