日本における企業者精神の生成

J.ヒルシュマイア 著 ; 土屋喬雄, 由井常彦 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者序 土屋喬雄 / p1
  • 著者はしがき / p3
  • 凡例 / p5
  • 序説 / p3
  • 第一章 商人階級 / p9
  • 一 商人の過去による制約 / p10
  • ギルド制度
  • 富裕な都市-大阪
  • 大名への貸付け
  • 都市ブルジョアの思想
  • 二 維新以後の商人の活動 / p27
  • 全面的な反動
  • 商業資本の移動
  • 大阪の近代産業
  • 第二章 武士階級 / p41
  • 一 武士の経済的窮乏化 / p44
  • 二 士族の近代企業への移行 / p50
  • 国立銀行
  • 士族の諸会社
  • 第三章 農村の企業者的活動 / p61
  • 一 徳川時代における農村の企業者 / p61
  • 徳川時代の農業制度
  • 商業資本家による土地開拓
  • 商業作物の発展と土地所有の集中
  • 問屋経営者と農村工業
  • 二 維新以後の農村工業 / p77
  • 製糸業
  • 綿紡績業
  • 伝統的な農村諸産業
  • 地主の農業への復帰
  • 第四章 中央政府からの先導 / p95
  • 一 文明開化 / p97
  • 二 科学技術の移植 / p106
  • 政府の諸方策
  • 企業者と科学技術の問題
  • 三 輸送組織の形成 / p115
  • 鉄道
  • 海運業
  • 四 その他の官営諸事業 / p124
  • 五 民間産業にたいする間接的助成 / p129
  • 六 明治中期における日本の産業 / p132
  • 第五章 民間部門における企業者の精神 / p137
  • 一 新しい身分としての企業者=実業家 / p138
  • 二 企業者の動機-近代産業の低い利潤率 / p148
  • 産業投資にさいする選択の問題
  • 産業企業における低い利益
  • 三 企業者の動機-経済的合理性の問題 / p164
  • 第六章 財閥の創設者たち / p179
  • 一 三井家と三野村利左衛門 / p181
  • 二 益田孝 / p184
  • 三 中上川彦次郎 / p185
  • 四 三菱の創設者、岩崎弥太郎 / p188
  • 五 住友の改革者、広瀬宰平 / p192
  • 六 銀行家、安田善次郎 / p195
  • 七 貿易業者にして産業家、大倉喜八郎 / p198
  • 八 鉱山帝国の創立者、古河市兵衛 / p200
  • 九 度胸のある革新家、浅野総一郎 / p202
  • 一〇 財閥創設者についての結論 / p205
  • 第七章 五〇人の代表的企業者 / p209
  • 一 外的な諸条件 / p213
  • 世代による区別-年長グループと若年グループ
  • 出身による区別-武士・商人・農民
  • 学問と実務経験による区別
  • 場所による区別-東京・横浜・長崎・大阪
  • 二 企業者の業績 / p226
  • 理想家的タイプと伝統的タイプ
  • 銀行家
  • 外国貿易で活躍した人物
  • 政商
  • 大学卒業者
  • 結論 / p247
  • 使用文献一覧 / p251
  • 解説 由井常彦 / p259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本における企業者精神の生成
著作者等 Hirschmeier, Johannes
土屋 喬雄
由井 常彦
J.ヒルシュマイア
書名ヨミ ニホン ニ オケル キギョウシャ セイシン ノ セイセイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1965
ページ数 270p
大きさ 22cm
NCID BN05963445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65010474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想