白い恐怖

フランシス・ビーディング 著 ; 山本俊子 訳

山中の古城を改装した精神病院に、女性医師コンスタンスが赴任してくる。院長のエドワーズ博士は長期休暇のため不在で、若いマーチスン医師が人里離れたこの病院を管理していた。マーチスン自身もイギリスから赴任してきたばかりだったが、病院到着直前に、移送してきた患者に襲われ、取り押えたものの同行してきた介護師が殺されるという事件に見舞われていた。コンスタンスはそんな彼に好意を抱く。やがて、病院周辺の山林で小動物が殺されるなどの怪事が頻発し始め…アルフレッド・ヒッチコック監督が1945年に映画化したサスペンスの名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白い恐怖
著作者等 Beeding, Francis
Beeding, Francis, pseud
山本 俊子
ビーディング フランシス
書名ヨミ シロイ キョウフ
書名別名 The house of Dr.Edwardes
シリーズ名 ハヤカワ・ミステリ
出版元 早川書房
刊行年月 2004.2
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4150017476
NCID BA84809380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20544543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想