よくわかる般若心経 : 二七六字の本当の意味が見えてくる

岡野守也 著

「空」とは何か。「無」とは何か。仏教の教えのエッセンスともいうべき『般若心経』は、この「空」と「無」の意味をわずか二七六文字で簡潔に説いた、千数百年前から伝わる、日本人にもっとも馴染み深い経典です。本書では、その意味を探求する過程で味わった著者自身の辛苦を例にしつつ、『般若心経』の真髄が、からだにすっと染み込むようにわかる、絶好の入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「空」はなぜわからないか
  • 般若心経の組み立て
  • 観音さまの知慧の言葉
  • それだけでいつまでもあるものはない
  • 「それ自身」というものはない
  • 宇宙があるから花が咲く
  • 「空」と「空しい」はこうちがう
  • 「空」とは実体がないこと
  • 宇宙と私の関係
  • ないないづくしの始まり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よくわかる般若心経 : 二七六字の本当の意味が見えてくる
著作者等 岡野 守也
書名ヨミ ヨク ワカル ハンニャ シンギョウ : ニヒャク シチジュウロクジ ノ ホントウ ノ イミ ガ ミエテクル
書名別名 わかる般若心経

Yoku wakaru hannya shingyo
シリーズ名 般若心経
PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 2004.2
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 4569661289
NCID BA71397509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20544176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想