思春期の心理学

ヴィゴツキー 著 ; 柴田義松, 森岡修一, 中村和夫 訳

[目次]

  • 第1章 思春期における興味の発達(思春期心理学の鍵
  • 古い興味学説の批判 ほか)
  • 第2章 思考の発達と概念の形成(幼児期の思考と思春期の思考
  • 思考の形式と内容の統一的発展を否定する諸理論の批判 ほか)
  • 第3章 思春期における高次精神機能の発達(高次精神機能の発達の法則性
  • 思春期における知覚の発達 ほか)
  • 第4章 青少年の想像と創造(想像と創造の前提条件
  • 直観像と想像の発達 ほか)
  • 第5章 青少年の人格の動態と構造(高次精神機能の発達の三法則
  • 自己意識の発達 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思春期の心理学
著作者等 Vygotskiĭ, L. S.
Vygotskiĭ, Lev Semenovich
中村 和夫
柴田 義松
森岡 修一
ヴィゴツキー
書名ヨミ シシュンキ ノ シンリガク
書名別名 Педология подростка

Shishunki no shinrigaku
出版元 新読書社
刊行年月 2004.1
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 4788041162
NCID BA6535114X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20664546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想