美学の逆説

谷川渥 著

主観的・個人的な感性の問題である"美"にとって、客観的な論理や学問は可能だろうか?美学的営為はそのはじまりから、すでに逆説的事態を宿しているといえよう。低級感覚たる味覚を感性論としての美学に変容させようとする「味覚の不幸」、カントの『判断力批判』に即し崇高と芸術との内在的関係を問う「崇高と芸術」、私たちにとって身近に芸術を体感できる美術館という制度の逆説をめぐる「比較芸術学と美術館的知」など、美学が孕み持つ諸問題を、鋭くスリリングに解き明かす力作論考9篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 味覚の不幸
  • 2 崇高と芸術-カント『判断力批判』に即して
  • 3 芸術の社会学的考察
  • 4 美的距離の現象学
  • 5 記号論としての美学-パースにおけるイコン論の成立と展開
  • 6 直観と表現-ベルクソン美学の構造
  • 7 美学としての構造主義-レヴィ=ストロースの芸術論をめぐって
  • 8 美学と美術批評-グリーンバーグとカント
  • 9 比較芸術学と美術館的知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美学の逆説
著作者等 谷川 渥
書名ヨミ ビガク ノ ギャクセツ
書名別名 Bigaku no gyakusetsu
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.12
ページ数 332p
大きさ 15cm
ISBN 4480087958
NCID BA65024143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20550231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想