「特別支援教育」で学校はどうなる

越野和之, 青木道忠 編

障害児学級の廃止など障害児教育リストラでなく、すべての子どもの発達を保障するために、「特別支援教育」の問題点と積極面を明らかにして、今、何をなすべきかの課題を提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「特別支援教育報告」が提起したもの
  • 第2章 「特別支援教育報告」の問題点はどこにあるのか?
  • 第3章 通常学校の障害児教育はどうなっていくのか?
  • 第4章 LD、ADHD、高機能自閉症の子どもたちはどうなるのか?
  • 第5章 障害児学級や通級教室はどうなるのか?
  • 第6章 障害児学校はどうなるのか?
  • 第7章 ナショナルミニマムは達成されたのか?
  • 第8章 障害児教育の専門性と今後の方向
  • 第9章 「個別の指導計画」と「個別の教育支援計画」
  • 第10章 特別支援教育コーディネーターをめぐって
  • 第11章 すべての子どもの発達が保障される教育を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「特別支援教育」で学校はどうなる
著作者等 越野 和之
青木 道忠
書名ヨミ トクベツ シエン キョウイク デ ガッコウ ワ ドウナル
書名別名 Tokubetsu shien kyoiku de gakko wa donaru
出版元 クリエイツかもがわ : かもがわ出版
刊行年月 2004.1
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 4902244144
NCID BA65860110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20557428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想