神話・象徴・文学  3

ジルベール・デュラン 他著 ; 篠田知和基 編

この本の情報

書名 神話・象徴・文学
著作者等 Brunel, Pierre
Durand, Gilbert
Lévi-Strauss, Claude
吉田 敦彦
篠田 知和基
書名ヨミ シンワ ショウチョウ ブンガク
書名別名 Mythes symboles litterature
巻冊次 3
出版元 楽浪書院
刊行年月 2003.12
ページ数 566, 191p
大きさ 22cm
ISSN 13461273
NCID BA55443343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20538904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
A historical study of Anorexa nevrosa in France and Japan O.Nozaki
Brief biography of Lord Byron Mizuho Yoshida
Entre l'oeuvre achevee et l'oeuvre inachevee Yumiko Watanabe
Hagoromo et la blanche deesse des Celtes Philippe Walter
La resurgence du mythe et ses implications Durand, Gilbert
Le vent chez Miyazawa Kenji Chiwaki Shinoda
Les jardins japonais vus par Malraux dans les《Antimemoires》et par Michel Tournier dans 《Les Meteores》 Arlette Bouloumie
Quelques remarques sur la prehistoire d'Undine Claude Lecouteux
Rites,royaute et villages Masataka Suzuki
The wilderness as the sea Kazuo Matsumura
Un fantastique retour des dieux Roger Bozzetto
Victor Hugo,de la realite au reel dans Les Contemplations et Les Chansons des rues et des bois Christian Le Dimna
Zen and Zen gardens Yoshiro Hayashi
「壁」における語りのポリフォニーと二つの現在 重見晋也
『千一夜物語』に見る海中世界 康君子
『死者の書』再考 篠田 知和基
アルフレッド・テニスンの『国王牧歌』における紋章. その1 不破有理
アンリ・ボスコ『ズボンをはいたロバ』の地理学 森川龍志
イラクの日常と文学 康君子
クレチアン・ド・トロワ以降の古仏語韻文作品におけるゴーヴァン像 渡辺浩司
ジュール・ヴェルヌの作品における<メディア>. 1 中島廣子
ナサニエル・ホーソーンの短編「ロウジャー・マルヴィンの埋葬」について 山本雅
ビスマルク諸島の鮫招き 後藤明
プルーストと「償い」の思想 星谷美恵子
ホーソーンの「予言の肖像画」 山本典子
ポーランドの政治言語における「ユダヤ人」 安井教浩
ヤン・ファンシュ・ケメネールさんのこと 梁川英俊
中国帝王伝説 加藤千代
伊喜末八幡神社と応神天皇伝説 濱中知子
南米先住民のスペイン昔話受容の一態様 三原幸久
文学の部
日本の形 篠田 知和基
日本の補陀落渡海 根井浄
欧文の部
比較神話学のために 篠田 知和基
満州族の創世神話「天宮大戦」に見られるシャーマニズム的特徴 楊紅
狼と熊と鍛冶屋 篠田 知和基
王権を与える女神と女主人公 沖田瑞穂
環太平洋における神話の共通性 山田仁史
神話の部
紫微星の降臨 加藤千代
聖なる王にして贖罪の山羊 上村くにこ
聖母マリア奇蹟譚の比較 豊島和子
英雄を支えた八咫烏 丸山顯徳
茨城県鹿嶋市大宇和、立原地区のジャランボギオン(じゃらんぼ祇園) 山本節
象徴の部
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想