バイオトライボロジー : 関節の摩擦と潤滑

笹田直, 塚本行男, 馬渕清資 共著

バイオトライボロジー(biotribology)とは、生物学(biology)と摩擦学(tribology)との合成語である。バイオトライボロジーの世界は広いが,現実に研究に着手されている分野はそのごく一部である。その中で最も多くの関心を集め、かつ臨床的に切実な問題は、関節、人工関節である。本書はその研究成果の一部をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 関節の構造
  • 3 関節の摩擦
  • 4 関節の潤滑機構
  • 5 人工関節の潤滑
  • 6 生体材料の摩耗と疲労
  • 7 関節機構の軸受機能
  • 8 人工関節の設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオトライボロジー : 関節の摩擦と潤滑
著作者等 塚本 行男
笹田 直
馬淵 清資
馬渕 清資
書名ヨミ バイオトライボロジー : カンセツ ノ マサツ ト ジュンカツ
出版元 産業図書
刊行年月 1988.10
版表示 第2刷
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 4782840691
NCID BA55088809
BN02877358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20669402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想