マルクス主義芸術論入門

蔵原惟人 等著

蔵原惟人, 除村吉太郎, 岩上順一, 古在由重座談会記録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 理想性と現實性 / 1
  • 革命の悲劇について / 2
  • シェークスピヤ的方法とシラー的方法 / 6
  • 戯曲における『思想の深さ』 / 10
  • ロシヤ文学における思想性 / 16
  • シェークスピヤ的な潑剌さについて / 19
  • 悲劇と喜劇。『櫻の園』について / 27
  • 歷史的人物の把握の仕方 / 32
  • 古代人の特性表示について / 39
  • 第二章 藝術における傾向性 / 42
  • 藝術における傾向性 / 42
  • ロシヤ文学における傾向性 / 50
  • アイロニー・ユーモア・サタイヤについて / 55
  • ブルジョア社会と傾向芸術 / 59
  • あたらしい現実、あたらしい形象 / 62
  • ディテールの眞実さについて / 66
  • ロシヤのリアリズム文学の諸典型 / 68
  • 世界観と創作方法 / 71
  • 世界観とは何か / 76
  • ディテールと典型性 / 79
  • 『唯物弁証法的』創作方法のあやまりについて / 81
  • ブルジョア社会と否定的な形象 / 88
  • 批判的リアリズムの発生 / 92
  • 日本文学におけるリアリズムの弱さ / 94
  • 第三章 世界觀と創作方法 / 100
  • ふたたび世界観と創作方法について / 101
  • 創作実践と世界観(とくにドストイエフスキーの場合) / 106
  • リアリズムの諸段階について / 113
  • ギリシャ敍事詩の問題 / 117
  • 芸術と民衆 / 128
  • シェークスピヤにおけるリアリズム / 130
  • 批判的リアリズムについて / 137
  • 批判的リアリズムと進步的ロマンチシズム / 144
  • 保守的ロマンチシズムの発生 / 147
  • 明治文学におけるロマンチシズムとリアリズム / 152
  • 芸術の進步について / 155
  • 第四章 社會主義リアリズム / 163
  • 社会主義リアリズムのスローガンについて / 164
  • レーニンの『党の組織と党の文学』 / 165
  • 社会主義リアリズムの成立(ゴーリキーの『母』) / 170
  • 文学の党派性 / 174
  • ソヴェート芸術批判の意義 / 178
  • 社会主義リアリズムの確立とその社会的基礎 / 184
  • 批判的リアリズムから社会主義リアリズムヘ / 190
  • 社会主義リアリズムの諸特徵 / 196
  • 革命的ロマンチシズムについて / 199
  • 第五章 藝術論におけるレーニン的段階 / 205
  • レーニンのトルストイ論 / 206
  • トルストイの『戰爭と平和』、『復活』 / 210
  • 文学的遺產の評價について / 216
  • 生活の「鏡」としての作品 / 219
  • ゴーリキーとレーニン / 225
  • ゴーリキーと勤労大衆 / 229
  • ゴーリキーにたいする否定的な批判について / 230
  • ゴーリキーおよびレーニンにおける文学的遺產の攝取の問題 / 233
  • レーニンと近代文学 / 235
  • 註 / 241
  • 附錄
  • 一 シラーかシェークスピヤか(マルクス) / 256
  • 二 理想性と現実性(エンゲルス) / 262
  • 三 傾向性と芸術性(エンゲルス) / 270
  • 四 リアリズムの本質(エンゲルス)-バルザックについて- / 273
  • 五 党の組織と党の文学(レーニン) / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス主義芸術論入門
著作者等 古在 由重
岩上 順一
蔵原 惟人
除村 吉太郎
書名ヨミ マルクス シュギ ゲイジュツロン ニュウモン
書名別名 Marukusu shugi geijutsuron nyumon
出版元 学芸社
刊行年月 1951
版表示 再版
ページ数 286p
大きさ 19cm
NCID BN13419810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51002103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想