東西文学評論

ラフカディオ・ヘルン 著 ; 十一谷義三郎, 三宅幾三郎 共訳

[目次]

  • 目次
  • 緖言 / 7
  • 第一編 文藝上の諸問題 / 15
  • 理想主義の將來 / 16
  • 理想主義と自然主義 / 21
  • 寫實主義と理想主義 / 26
  • 文學進化の敎訓 / 29
  • 科學と文學 / 32
  • 頽廢の藝術 / 36
  • 雜誌文學に於ける包含主義 / 41
  • 第二編 フランス文學雜感 / 45
  • 狂へる浪漫主義者(ヂエラール・ド・ネルヴアル) / 46
  • 奇人の偶像(ボードレール) / 56
  • フローベルの友人 / 64
  • 考古學的小說(サランボ) / 72
  • 大散文家(モーパツサン) / 77
  • 文學上の厭世主義(ベラミ) / 83
  • 孤獨(モーパツサン) / 88
  • 厭世主義の武器(モーパツサン) / 93
  • 女劍客 / 97
  • ゾラの『百貨店』 / 104
  • 『制作』(ゾラ) / 110
  • 新しき浪漫主義者(ロテイ) / 113
  • 最も獨創的なる現代作家(ロテイ) / 120
  • 現代小說に於ける構想(ロテイ) / 127
  • ネイシヨン紙のロテイ論 / 131
  • 苦惱の宗敎(プールヂエの「戀の罪」) / 137
  • ゴンクール兄弟の日記 / 141
  • 死の恐怖(フランス文學に於ける) / 147
  • ボヘミヤン生活の回顧(ミユールヂエの「ボヘミヤン生活」) / 152
  • 「文人不遇」 / 158
  • 第三編 ロシヤ、イギリス、ドイツ及イタリヤ文學の硏究 / 163
  • 外國に於けるロシヤ文學 / 164
  • 恐ろしい小說(「罪と罰」) / 169
  • トルストイの求道心 / 174
  • アーノオド二人(マシウとエドヰン) / 178
  • その國に容れられず(エドヰン・アーノオド) / 181
  • エドヰン・アーノオドの新著(死の祕密) / 186
  • 定本ロウゼツテイ全集 / 198
  • 人性の弱點(ロウゼツテイ) / 207
  • テニスンの「ロツクスリー・ホール」 / 213
  • ハインリツヒ・ハイネの妻 / 230
  • ハイネ 續 / 240
  • メルシエ博士のダンテ論 / 245
  • 第四編 東洋文學 / 251
  • 佛敎とは何ぞや / 252
  • 最近の佛敎文學(亞細亞の光新版その他) / 257
  • マハーバーラタの英譯 / 263
  • バガヴアド・ギータの英譯 / 269
  • 印度の女流詩人 / 280
  • 「列王紀詩」(ツイムメルン女史の意譯) / 285
  • 支那の敬神思想 / 289
  • 日本の詩瞥見 / 300
  • 譯者小言 / 312

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東西文学評論
著作者等 Hearn, Lafcadio
三宅 幾三郎
十一谷 義三郎
ラフカディオ・ヘルン
書名ヨミ トウザイ ブンガク ヒョウロン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1950
ページ数 312p
大きさ 15cm
NCID BN00908847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50005505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想