「白樺」派の文学

本多秋五 著

[目次]

  • 『白樺』派の輪廓 / 12
  • 『白樺』派の文学
  • 一 自己を生かす / 40
  • 二 「自己」とは何か? / 42
  • 三 「自己」と無意識 / 44
  • 四 武者小路と杢太郎の論争 / 50
  • 五 後期印象派 / 53
  • 六 素質と環境 / 61
  • 七 エリット意識 / 75
  • 八 「重荷」からの解放 / 83
  • 九 トルストイ卒業の問題 / 92
  • 一〇 「自然主義前派」か? / 101
  • 一一 志賀リアリズム / 106
  • 一二 私小説 / 124
  • 長与善郎おぼえ書
  • 『青銅の基督』 / 132
  • 『竹沢先生といふ人』 / 135
  • 『野性の誘惑』 / 145
  • 有島武郎論
  • 一 『卑怯者』 / 147
  • 二 『迷路』 / 151
  • 三 思念錯綜 / 157
  • 四 牛後派 / 161
  • 五 『カインの末裔』 / 167
  • 六 『或る女』 / 171
  • 七 『大洪水の前』 / 183
  • 八 『星座』 / 187
  • 九 文学史的位置づけ / 192
  • 一〇 『惜しみなく愛は奪ふ』 / 204
  • あとがき / 215
  • 解説・平野謙 / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「白樺」派の文学
著作者等 本多 秋五
書名ヨミ シラカバハ ノ ブンガク
書名別名 Shirakabaha no bungaku
シリーズ名 ミリオン・ブックス
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 1955
ページ数 218p
大きさ 18cm
NCID BN13920142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56015643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想