評伝北園克衛

藤富保男 著

北園克衛は詩を意味という枠から追放し、抽象と非形象の図学を詩にもち込んだ最初の詩人である。同時に彼はデザインや写真に携わる人々に多大な影響を与えた。本著で著者は彼の詩業を一枚一枚はぎとるように、ここに公開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生立ちと彼の青年時代
  • 2 北園克衛の登場
  • 3 VOUの創刊と兄、橋本平八
  • 4 詩の驟雨
  • 5 郷里を想う暗い時代
  • 6 人の作らぬ詩にむかって
  • 7 円熟の輪
  • 8 (四角なニヒリスト)
  • 9 一本のブルーの細長い線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝北園克衛
著作者等 藤富 保男
書名ヨミ ヒョウデン キタソノ カツエ
出版元 沖積舎
刊行年月 2003.3
版表示 増補改定版
ページ数 291, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4806046825
NCID BA62497921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20529048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想