労働組合法 : 理論と実際

間宮重一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 / p1
  • 第一章 団体交渉 / p36
  • 第一 団結権・団体行動権 / p38
  • 第二 労働者の団結権・団体行動権に対する実定法上の保護 / p42
  • 第三 団体交渉権の行使 / p47
  • 第二章 労働協約 / p64
  • 第一 労働協約の法律的効果 / p66
  • 第二 協約の形式 / p75
  • 第三 労働協約締結の必要性 / p76
  • 第四 労働協約の内容 / p78
  • 第五 労働協約の相対的平和義務 / p88
  • 第六 未協約および無協約 / p95
  • 第三章 紛議の調整 / p104
  • 第一 紛議解決の責任 / p105
  • 第二 労働関係調整法 / p108
  • 第四章 争議行為 / p130
  • 第一 争議行為の分類 / p133
  • 第二 争議行為の戦術と合法性の限界 / p141
  • 第三 争議行為の違法性とその法律効果 / p196
  • 第五章 法廷闘争 / p223
  • 第一 不当労働行為 / p229
  • 第二 民事訴訟 / p262
  • 第三 刑事事件に対する告訴・告発 / p328
  • 第四 労働運動としての法廷闘争の地位 / p334
  • 付録
  • 書式編
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働組合法 : 理論と実際
著作者等 間宮 重一郎
書名ヨミ ロウドウ クミアイホウ : リロン ト ジッサイ
書名別名 Rodo kumiaiho
シリーズ名 新実務法律講座
出版元 青林書院
刊行年月 1958
ページ数 361p
大きさ 19cm
NCID BN10324401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58013548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想