空海と中国文化

岸田知子 著

平安の世に唐土に渡り、真言密教を持ち帰った弘法大師・空海-だが、空海が日本にもたらしたものは、仏教の教えだけではなかった。つとに中国文化に親しみ、"日中文化の架け橋"として大いなる遺産をのこした文人・空海の学問と芸術の世界を、その詩・書・著作を通して描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 青年空海の学んだもの
  • 2 青年空海の著作-『聾瞽指帰』
  • 3 空海の渡唐
  • 4 空海のおみやげ
  • 5 空海と書
  • 6 空海の詩
  • 7 空海の作った辞書-『篆隷万象名義』
  • 8 詩文創作の手引き書-『文鏡秘府論』
  • 9 空海がもたらしたもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海と中国文化
著作者等 岸田 知子
書名ヨミ クウカイ ト チュウゴク ブンカ
書名別名 Kukai to chugoku bunka
シリーズ名 あじあブックス 55
出版元 大修館書店
刊行年月 2003.11
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 4469231967
NCID BA64583412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20522633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想