文学の社会的意義

エム・カ・ドブルイニン 著 ; 袋一平 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 3
  • 一 下部構造と上部構造 / 7
  • 二 文学の社会的意義 / 21
  • 1 文学は誰によってつくられるか / 21
  • 2 文学の特徴と課題 / 26
  • 三 ロシヤ古典文学の不朽の意義 / 39
  • 1 文学は歴史とともに歩む / 39
  • 2 永遠性の秘密 / 43
  • 四 ソヴェト文学の性格 / 53
  • 1 生きて発展するもの / 53
  • 2 問題の解決へ / 66
  • 附録 ソヴェト文学の1/4世紀・アレクセイ・トルストイ / 69

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学の社会的意義
著作者等 Dobrynin, M. K
袋 一平
Dobrynin M. K.
エム・カ・ドブルイニン
書名ヨミ ブンガク ノ シャカイテキ イギ
シリーズ名 知識文庫 ; 14
出版元 岩崎書店
刊行年月 1953
ページ数 110, 13p
大きさ 18cm
NCID BA43055868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53015714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想