「考える」とは何か : 科学論から倫理学まで : 哲学入門

湯浅慎一 著

本書は、一九七六年、筆者がドイツから帰ってあちこちの大学で非常勤講師として行った講義の記録を出発点として、そこから「成長したもの」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 思考の基礎となるもの(哲学的思考の出発
  • 存在とは何か
  • 思考されるもの
  • 思考する者は誰か
  • 空間について
  • 時間について
  • 世界について)
  • 第2部 思考と実践(倫理学の出発
  • 倫理的な者は誰か
  • 自由について
  • 善とは何か
  • 善はいかにして実現されるか
  • 社会性について
  • 愛とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「考える」とは何か : 科学論から倫理学まで : 哲学入門
著作者等 湯浅 慎一
書名ヨミ カンガエル トワ ナニカ : カガクロン カラ リンリガク マデ : テツガク ニュウモン
書名別名 Kangaeru towa nanika
出版元 太陽
刊行年月 2003.10
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 4884693426
NCID BA6418363X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20611119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想