血液内科クリニカルスタンダード : 必携ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス

東原正明, 須永真司 編

本書は、医学部学生やレジデントを対象にした、血液内科診療のための標準テキスト(クリニカルスタンダード)である。血液疾患の診療において、その病態の理解は当然必要であるが、本書は病態の理解は、すでになされていることを前提に、診断と治療について解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 症候からのアプローチ
  • 2 診断と検査の重要ポイント
  • 3 治療の実際
  • 4 化学療法中の支持療法
  • 5 治療による合併症、処置中のトラブルへの対応
  • 6 補助療法
  • 7 インフォームドコンセントに必要な治療成績、統計
  • 8 巻末付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液内科クリニカルスタンダード : 必携ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス
著作者等 東原 正明
須永 真司
書名ヨミ ケツエキ ナイカ クリニカル スタンダード : ヒッケイ ベッドサイド デ カナラズ ヤクダツ リンショウ ケツエキガク ノ エッセンス
書名別名 Standard handbook of clinical hematology
出版元 文光堂
刊行年月 2003.8
ページ数 463p
大きさ 22cm
ISBN 4830614161
NCID BA6335808X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20513550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想