摩滅の賦

四方田犬彦 著

何百年も人々が撫で擦り続けたために輪郭しか留めていないレリーフ、参詣人に触れられ黒光りする仏像、波に浸食された岩、口の中のドロップ…摩滅をめぐる13のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 摩滅の賦
  • 痕跡のマリア
  • 水辺と仏陀
  • オパールの盲目
  • 歯とビンズル
  • 廃棄された王都
  • 口のなかのドロップ
  • 臼の由来
  • 砥石の教え
  • 無常からトマソンへ
  • うっすらさ、について
  • 人生の乞食
  • 時の崇高

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摩滅の賦
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ マメツ ノ フ
書名別名 Mametsu no fu
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.10
ページ数 191p
大きさ 22cm
ISBN 448081454X
NCID BA64392298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20503952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想