長崎県史  古代・中世編

長崎県史編集委員会 編

[目次]

  • 目次
  • 古代編
  • はじめに / p3
  • 第一章 歴史のあけぼの / p4
  • 第一節 対馬と壱岐 / p4
  • 第二節 三世紀の社会 / p16
  • 第三節 島々の亀下と神々 / p25
  • 第二章 記紀風土記の世界 / p37
  • 第一節 肥の国の成立 / p37
  • 第二節 風土記の世界 / p43
  • 第三節 松浦の島々 / p53
  • 第四節 大和朝廷と壱岐・対馬 / p66
  • 第三章 古代の日鮮関係と壱岐・対馬 / p77
  • 第一節 神攻皇后説話 / p77
  • 第二節 専守防衛態勢の成立 / p85
  • 第三節 防人と烽の制とその推移 / p95
  • 第四章 律令体制の成立 / p115
  • 第一節 国郡制の成立 / p115
  • 第二節 国郡制の郷と駅 / p131
  • 第五章 律令制の推移 / p149
  • 第一節 海外との通交 / p149
  • 第二節 辺要の役割 / p174
  • 第三節 島嶼の文化と産業 / p190
  • 第四節 荘園・御厨の成立とその推移 / p204
  • 中世編 一
  • 第一章 武家社会の成立 / p245
  • 第一節 武士の発生 / p245
  • 第二節 守護の設置 / p259
  • 第三節 根本地頭と新補地頭 / p277
  • 第二章 モンゴル襲来 / p304
  • 第一節 モンゴル襲来の前兆 / p304
  • 第二節 文永の役 / p311
  • 第三節 弘安の役 / p318
  • 第四節 異国警護番役の勤仕と恩賞 / p332
  • 第三章 鎌倉時代の在地武士 / p352
  • 第一節 東・西彼杵郡の在地武士 / p352
  • 第二節 南・北高来郡の在地武士 / p377
  • 第三節 南・北松浦郡の在地武士 / p407
  • 第四節 壱岐・対馬の在地武士 / p422
  • 中世編 二
  • 第一章 南北朝期の社会 / p427
  • 第一節 南北朝内乱と西肥 / p427
  • 第二節 松浦党の一揆契諾 / p460
  • 第三節 中世の産業 / p488
  • 第四節 倭寇 / p493
  • 第二章 室町時代の諸動向 / p515
  • 第一節 対馬における宗氏の発展 / p531
  • 第三節 朝鮮の対日政策と通交貿易の展開 / p566
  • 第四節 応仁の乱前後の状態 / p580
  • 第五節 遺明船の往来 / p622
  • 第三章 戦国期の情勢 / p633
  • 第一節 朝鮮三浦の乱と対馬宗氏の朝鮮貿易独占 / p633
  • 第二節 倭寇王王直の活動 / p644
  • 第三節 戦国諸家の台頭 / p650
  • 第四節 群雄の争覇と豊臣秀吉の国割り / p655
  • 第五節 文禄慶長の役 / p662

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 長崎県史
著作者等 長崎県
長崎県史編纂委員会
長崎県史編集委員会
書名ヨミ ナガサキ ケンシ
巻冊次 古代・中世編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1980.3
ページ数 697p
大きさ 22cm
NCID BN00280434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81004302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想