総合政策学の最先端  3

梅垣理郎 ほか編

人類社会は多様性に満ちている。それを理解しようとすれば単純化しがちである。本巻では、多様性をあくまで歴史的文脈、地域文脈でとらえる。そして、東アジアのダイナミズム、共同体の基盤である言語、多様性と普遍性、などの課題に切り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 多様化する地域(地域の政治力学と日本-東亜共同体への動き
  • 後発国民国家のナショナリズムとガバナンス-中国「チベット問題」を例に
  • 東南アジアの国家と社会 ほか)
  • 第2部 多様化する世界と言語(言語政策の枠組み-現代日本の場合を例として
  • バイリンガル教育と言語教育政策-フランスと「少数言語」教育
  • 少数言語に未来はあるか-言語復興の視点から ほか)
  • 第3部 多様性の新しい展開(社会運動とインターネット-サパティスタ運動に関する論争をめぐって
  • イスラームにおける法発見と法の目的論
  • アメリカ憲法に見る政府の役割について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総合政策学の最先端
著作者等 古石 篤子
國枝 孝弘
堀 茂樹
奥田 敦
小島 朋之
山本 純一
平高 史也
木村 護郎クリストフ
柳町 功
梅垣 理郎
渡辺 吉鎔
田島 英一
藁谷 郁美
野村 亨
阿川 尚之
書名ヨミ ソウゴウ セイサクガク ノ サイセンタン
書名別名 多様化・紛争・統合
巻冊次 3
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2003.10
ページ数 368p
大きさ 22cm
ISBN 4766410254
NCID BA63917319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20601813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想