空海の歩いた道

頼富本宏 文 ; 永坂嘉光 写真

時空を超えて語りかける空海の言葉に耳を傾け、その生涯の舞台をカメラで追う。中国新規取材を含む写真63点に空海の言葉40を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空海の言葉と解説(空海の故郷
  • 空海の出発点『聾瞽指帰』
  • 絶望から始まる
  • 求聞持法の練行
  • 山中の聖地・高野山 ほか)
  • 空海の足跡と写真解説(屏風ケ浦暮色(弘法大師生誕地)
  • 善通寺五重塔
  • 善通寺境内の千年楠
  • 太龍寺登山道
  • 大滝岳舎心修行場 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海の歩いた道
著作者等 永坂 嘉光
頼富 本宏
書名ヨミ クウカイ ノ アルイタ ミチ : ノコサレタ コトバ ト フウケイ
書名別名 残された言葉と風景

Kukai no aruita michi
出版元 小学館
刊行年月 2003.11
ページ数 135p
大きさ 26cm
ISBN 409387476X
NCID BA64373613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20493093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想