万葉の花鳥風月 : 古代精神史の一側面

下田忠 著

天上の月にロマンを感じ、路傍の小さな花に可憐な恋を託し、梅の枝にさえずる小鳥に心をおどらせ、松の梢をわたる風の声に耳を澄ます。思いやりと優しさとで積極的に生きる姿勢を与えてくれる万葉びとの純朴な心が、人間本来のあるべき姿に立ち返らせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 万葉の花(万葉の萩
  • 万葉のさくら
  • 梅花の宴-その虚実)
  • 第2章 万葉の鳥(万葉のほととぎす)
  • 第3章 万葉の風
  • 第4章 万葉の月
  • 付 懐風藻の月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉の花鳥風月 : 古代精神史の一側面
著作者等 下田 忠
書名ヨミ マンヨウ ノ カチョウ フウゲツ : コダイ セイシンシ ノ イチ ソクメン
書名別名 Man'yo no kacho fugetsu
シリーズ名 万葉集
出版元 おうふう
刊行年月 2003.10
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 4273033070
NCID BA64052529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20501309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想