聖徳太子『十七条憲法』を読む : 日本の理想

岡野守也 著

わが国で最初に成文化された「国のかたち」-『十七条憲法』。それは日本人の精神史的なアイデンティティの原点である。本書はここに"菩薩"としての理想のリーダー像を探り、日本人が進むべき道を問う意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「和」という国家理想
  • 「和」の理論と方法としての仏教
  • リーダー・エリートの存在理由について
  • 礼による統治
  • 公正な裁きによる統治
  • 法による統治
  • 菩薩的リーダーによる統治
  • 精進としての公務
  • 相互信頼と信の共有
  • 凡夫の自覚の共有
  • 信賞必罰による統治
  • 愛民と妥当な徴税
  • 公務における共同
  • 競争と嫉妬のデメリット
  • リーダー・エリートの歩むべき道
  • 民のための統治
  • 独裁制の否定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子『十七条憲法』を読む : 日本の理想
著作者等 岡野 守也
書名ヨミ ショウトク タイシ ジュウシチジョウ ケンポウ オ ヨム : ニホン ノ リソウ
書名別名 Shotoku taishi jushichijo kenpo o yomu
シリーズ名 十七条憲法
出版元 大法輪閣
刊行年月 2003.10
ページ数 234p
大きさ 20cm
ISBN 4804612009
NCID BA64003068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20493591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想