生命はどのようにして死を獲得したか : 老化と加齢のサイエンス

ウィリアム・R.クラーク 著 ; 小浪悠紀子 訳

本書は、老化が個々の細胞レベルで始まり、それらの細胞が複製し、生物全体の老化と密接な関係をもつ過程を、わかりやすく説明している。加齢の起源と進化、がんやアルツハイマー病との類似点、加齢の症状に良く似た早老症などの遺伝病の研究によって得られた最新の知識についても、簡潔、明快な解説で専門家以外の読者にも理解しやすい。また、カロリー摂取量の制限(いわゆるダイエット)と寿命の延長との関係や、果物や野菜の中にある酸化防止剤の働きについても語る。その上、老化に焦点を当てた遺伝子治療やクローニングの実験についての話題も織り込まれている。さらに高齢化により生じる介護費用の上昇ならびにその対処法にまで話は進む。これ1冊で、生化学、免疫学はもちろん、分子遺伝学や腫瘍生化学、年金経済学にいたるまで、広範な知識を得ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 加齢と老化と寿命
  • 第2章 細胞老化と死の本質
  • 第3章 老化と死の進化
  • 第4章 胚、線虫そして本当に年を取った人たちについて-老化と寿命の発生遺伝学
  • 第5章 加齢のプロセスによく似ているヒトの遺伝病
  • 第6章 老化にむかう細胞周期
  • 第7章 複製不死化-がんと加齢
  • 第8章 カロリー制限と最大寿命
  • 第9章 ひと呼吸するたびごとに-酸化ストレスと細胞老化
  • 第10章 脳の加齢
  • 第11章 条件付き利点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命はどのようにして死を獲得したか : 老化と加齢のサイエンス
著作者等 Clark, William R
小浪 悠紀子
クラーク ウィリアム・R.
書名ヨミ セイメイ ワ ドノヨウニシテ シ オ カクトクシタカ : ロウカ ト カレイ ノ サイエンス
書名別名 A means to an end

Seimei wa donoyonishite shi o kakutokushitaka
出版元 共立
刊行年月 2003.10
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 4320056000
NCID BA64078974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20489781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想