徳富蘇峰 : 日本ナショナリズムの軌跡

米原謙 著

明治十九年、徳富蘇峰は二十三歳で、評論『将来の日本』を著して華々しく論壇にデビューした。その後、藩閥政府への参画を「変節」と誹謗され、戦後は第二次大戦中の言動によって無視されつづけた。しかし蘇峰は、青年時代から一貫して、日本が国際社会から敬意ある待遇を受けることを主張してきたのである。本書は「大言論人」蘇峰の生涯をたどり、日本ナショナリズムの転変に光を当てるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新世代の「青年」の誕生
  • 第2章 平民主義のリーダーとして
  • 第3章 「膨脹」への意欲-日清戦争
  • 第4章 「世界の同情」をもとめて-日露戦争
  • 第5章 「白閥打破」から「亜細亜モンロー主義」へ
  • 第6章 閉塞するナショナリズム
  • 終章 ナショナリズムの「再生」-第二次大戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳富蘇峰 : 日本ナショナリズムの軌跡
著作者等 米原 謙
書名ヨミ トクトミ ソホウ : ニホン ナショナリズム ノ キセキ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.8
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 4121017110
NCID BA63248092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20488688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想