霊場の思想

佐藤弘夫 著

人々は"霊場"に何を求めたのか。霊場の持つ不思議な雰囲気に惹かれた宗教学者が、延暦寺、四天王寺、元興寺から恐山までを探訪。中尊寺金色堂のミイラや、立石寺の頭部のない人骨など、霊場が今も持つ多くの謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山寺の誕生(ミイラの棲む山-中尊寺
  • 封印された岩窟-立石寺
  • 都市の寺から山の寺へ-延暦寺)
  • 聖人のまなざし(祖師信仰の形成-高野山
  • 御影堂の成立-醍醐寺
  • 黒い巌の霊場-黒石寺
  • よみがえる聖徳太子-四天王寺
  • 垂迹としての聖人-叡福寺)
  • 骨と肖像(納骨の寺-元興寺極楽坊
  • 肖像という威力-多武峯
  • 霊場の風景-恐山)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霊場の思想
著作者等 佐藤 弘夫
書名ヨミ レイジョウ ノ シソウ
書名別名 Reijo no shiso
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 164
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.10
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 4642055649
NCID BA63626134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20475621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想