映画都市ウィーンの光芒 : オーストリア映画全史

瀬川裕司 著

恋愛喜劇から実験映像まで。ハプスブルク王朝の威光の下、隆盛を極めたウィーンのオペラ、ワルツ、カフェ文化などは、オーストリア映画にどう反映したのか。F・ラング、B・ワイルダー、パープスト、F・ジンネマン、O・プレミンジャーら錚々たる巨匠を輩出した豊かな伝統を分析し、サイレントからニューシネマまで、オーストリア映画の全てを縦横に論じる渾身の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最初期から第一次世界大戦まで
  • 第2章 一九一四年から一九二五年まで
  • 第3章 一九二五年からトーキー導入まで
  • 第4章 トーキーの時代
  • 第5章 "併合"時代の映画
  • 第6章 敗戦から一九五〇年まで
  • 第7章 一九五〇年から六二年まで
  • 第8章 最悪の時代-一九六二年から八〇年まで
  • 第9章 "新しいオーストリア映画"の時代
  • 終章 百年を概観して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画都市ウィーンの光芒 : オーストリア映画全史
著作者等 瀬川 裕司
書名ヨミ エイガ トシ ウィーン ノ コウボウ : オーストリア エイガ ゼンシ
書名別名 Eiga toshi uin no kobo
出版元 青土社
刊行年月 2003.8
ページ数 322p
大きさ 20cm
ISBN 479176045X
NCID BA63224276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想