戦争と建築

五十嵐太郎 著

9・11、アフガン空爆、イラク戦争…。大都市を襲うテロと戦争の中で、建築は今後どう変わるのか?ルネサンスの要塞都市から、NYグランド・ゼロの開発、最新防犯事情に朝鮮半島の非武装地帯の現状まで。歴史を横断しつつ、破壊と再生、防御をキーワードに、戦争と建築の関係を見つめ直す野心的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 戦時下の都市(前線都市
  • 防空都市)
  • 2章 戦争とデザイン(直線か、曲線か-伊東忠太と岸田日出刀を中心に
  • 空からのまなざし-視覚的無意識としての近代都市 ほか)
  • 3章 日常におけるサバイバル(サバイバルのための東京リサイクル
  • 反フラット建築論に抗して ほか)
  • 4章 テロリズムと恐怖の空間(セキュリティ戦争の都市
  • 9・11がもたらしたもの-ミノル・ヤマサキの嘆き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と建築
著作者等 五十嵐 太郎
書名ヨミ センソウ ト ケンチク
出版元 晶文社
刊行年月 2003.9
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 479496580X
NCID BA63506711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20471562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想