革命家の告白

ピエール=ジョゼフ・プルードン 著 ; 山本光久 訳

国家か、市民か、民衆か。「流産した二月革命」に投げ込まれたプルードンが獄中から語る、ブルジョワジーへの激越な批判と、己が迷妄への痛切な懺悔。破綻しつつある中央集権思想を彼方より撃つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 懺悔ノ祈リ
  • 信仰告白。諸党派の性質と目的
  • 政府の性質と目的
  • 一七八九‐一八三〇年、政府の行動
  • 一八三〇‐一八四八年、政府の腐敗
  • 二月二四日、臨時政府
  • 三月一七日、ルイ・ブランの反応
  • 四月一六日ルドリュ=ロランの反応
  • 五月一五日、バスチードとマラストの反応
  • 六月二三‐二六日、カヴェニャックの反応〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 革命家の告白
著作者等 Proudhon, P.-J.
Proudhon, Pierre-Joseph
山本 光久
Proudhon Pierre‐Joseph
プルードン ピエール=ジョゼフ
書名ヨミ カクメイカ ノ コクハク : ニガツ カクメイシ ノ タメニ
書名別名 Les confessions d'un revolutionnaire

二月革命史のために
出版元 作品社
刊行年月 2003.8
ページ数 522p
大きさ 22cm
ISBN 4878935715
NCID BA63640769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20464739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想