般若心経を読みとく : 仏教入門の第一歩

竹村牧男 著

"般若波羅蜜多"その悟りの世界とは…。禅や唯識の見方を取り入れつつ、わずか262文字のこの小さな経典の、奥深さと尽きない魅力をあらためて探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 観音さまの見たもの
  • 2 生死は仏のおん命なり
  • 3 不生で調いまする
  • 4 一切法を空と説く
  • 5 輪廻の迷いを超えて
  • 6 心の中を見つめれば
  • 7 本来の自己に目覚める
  • 8 究極の真実の世界
  • 9 よく一切の苦を除く
  • 10 『般若心経』の思想
  • 11 空海の『般若心経』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 般若心経を読みとく : 仏教入門の第一歩
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ハンニャ シンギョウ オ ヨミトク : ブッキョウ ニュウモン ノ ダイイッポ
書名別名 Hannya shingyo o yomitoku
シリーズ名 般若心経
出版元 大東出版社
刊行年月 2003.7
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4500006893
NCID BA6470543X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20461059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想