呪いの研究 : 拡張する意識と霊性

中村雅彦 著

さまざまな実例をもとに、現代科学の枠組みを超えるその効力を、民俗学、心理学、トランスパーソナルの視点から多角的に分析。まったく新しい「魂の心理学」を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 四国魔界フィールドワーク(「魔界」四国に住む
  • 四国の呪術師 ほか)
  • 第2章 呪術の歴史(呪術の起源
  • 神道と仏教の出会い ほか)
  • 第3章 シャーマンの危機(霊性とは何か
  • 宗教的な現象と民衆文化-新霊性運動の広がり ほか)
  • 第4章 呪いの構造-超心理学の視点から(超常的な意識の働き
  • 心の力-超能力と霊能力 ほか)
  • 第5章 呪いから癒しへ(科学と宗教の結婚
  • 物理学者の考える「心」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪いの研究 : 拡張する意識と霊性
著作者等 中村 雅彦
書名ヨミ ノロイ ノ ケンキュウ : カクチョウスル イシキ ト レイセイ
書名別名 Noroi no kenkyu
出版元 トランスビュー
刊行年月 2003.4
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 4901510150
NCID BA62161308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20534645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想