大学・中庸

金谷治 訳注

天下国家の政治もその根本は一身の修養にあることを説く『大学』。人間の本性とは何かを論じ、「誠」の哲学を説く『中庸』。朱子によって『論語』『孟子』とともに四書の一つとされた儒教の代表的な経典。本書では、朱子以前の古い読み方を探求して、両書の本来の意味を明らかにすることを主眼とした。朱子の『大学章句』等を併収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大学(『大学』解説
  • 大学(旧本)本文
  • 大学章句(朱熹)序・本文)
  • 中庸(『中庸』解説
  • 中庸本文
  • 中庸章句(朱熹)序)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学・中庸
著作者等 子思
曽子
朱 熹
金谷 治
書名ヨミ ダイガク チュウヨウ
書名別名 Daigaku chuyo
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.7
ページ数 261, 12p
大きさ 19cm
ISBN 4000072285
NCID BA62894477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20441702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想