私はチョウザメが食べたかった。

末広陽子 著

本書は、チョウザメを通して「人間と地球を考えるノンフィクション・レポート」である。ただし、あくまでも「キャビアの親としてのチョウザメ」くらいの知識から楽しめる。そして、楽しみながら読み進めるうちに、本書が投げかけるさまざまな命題を、自身に関わる身近な問題としてとらえはじめてもらうことを目的のひとつとしている。本書は心に残る「基礎」をめざしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • チョウザメのステーキ
  • チョウザメはサメではない!?
  • チョウザメに魅せられた男
  • ヘルソンのキャビア
  • キャビア!キャビア!
  • カムチャツカへの旅
  • チョウザメのもとに集まる
  • チョウザメの出現
  • チョウザメという魚
  • チョウザメ料理に取り組む
  • 養殖のチョウザメたち
  • チョウザメ課長の出現
  • チョウザメはどのくらい減っているか?
  • チョウザメを飼ってみる
  • 日本各地の養殖場訪問
  • 国産キャビア
  • あたらしい養殖魚種
  • チョウザメの味について
  • チョウザメの養殖は必要だろうか!?
  • チョウザメから考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私はチョウザメが食べたかった。
著作者等 末広 陽子
書名ヨミ ワタクシ ワ チョウザメ ガ タベタカッタ
出版元 錦秋社 : 河出書房新社
刊行年月 2003.8
ページ数 406p
大きさ 20cm
ISBN 4309905455
NCID BA63655223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20456899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想