戦後日本思想大系  2

武田清子編

[目次]

  • 目次
  • 解説 人権思想の峰と淵 武田清子 / p3
  • I 人権の宣言
  • 新日本文化の創造-紀元節における演述-南原繁 / p45
  • 新憲法発布 南原繁 / p54
  • 信教の自由について 矢内原忠雄 / p61
  • 言論自由の思想的根拠 矢内原忠雄 / p67
  • 人権の意識 正木ひろし / p73
  • <資料I>日本国憲法・児童憲章 / p83
  • <資料II>世界人権宣言・児童権利宣言 / p89
  • II 草の根の人権意識
  • 母の死とその後-『山びこ学校』より-江口江一 / p101
  • 僻地の子ども-たった一度しかない人生なのに-大牟羅良 / p112
  • 村八分の記(抄) 石川さつき / p121
  • 拝啓 池田総理大臣殿-身体障害児の問題-水上勉 / p135
  • III 主張としての裁判
  • <松川裁判>
  • 松川裁判について 広津和郎 / p151
  • 生と死とに対決した青春 本田昇 / p178
  • <小繁事件>
  • 入会問題と入会紛争 渡辺洋三 / p185
  • 第一回裁判のありさま 篠崎五六 / p196
  • 乞食の道徳と小繁事件 戒能通孝 / p203
  • 朝日訴訟の意味 川上武 / p214
  • 昭和の巌窟王-吉田石松冤罪事件-日本弁護士連合会 / p220
  • IV 差別と偏見
  • 黒い肌と白い心(抄) 沢田美喜 / p231
  • 未解放部落の人々 野間宏 / p244
  • 国民に訴える 朝田善之助 / p254
  • 「小松川事件」の内と外 金達寿 / p265
  • 金嬉老なる人間 金達寿 / p284
  • 沖縄の断層-ルポ・被支配のなかの差別-石田郁夫 / p304
  • V 巨大社会と人権
  • 公害の問題 都留重人 / p329
  • イタイイタイ病に捧げる 萩野昇 / p353
  • 見落とされた変数-一九七〇年代について-清水幾太郎 / p364
  • 執筆者略歴 / p387
  • 「人権の思想」関係年表 / p391

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本思想大系
著作者等 南原 繁
大牟羅 良
川上 武
広津 和郎
戒能 通孝
日本弁護士連合会
朝田 善之助
本田 昇
正木 ひろし
武田 清子
水上 勉
江口 江一
沢田 美喜
清水 幾太郎
渡辺 洋三
矢内原 忠雄
石川 さつき
石田 郁夫
篠崎 五六
萩野 昇
都留 重人
野間 宏
金 達寿
書名ヨミ センゴ ニホン シソウ タイケイ
書名別名 人権の思想

Sengo nihon shiso taikei
巻冊次 2
出版元 筑摩書房
刊行年月 1970
ページ数 393p
大きさ 20cm
NCID BN01798642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74001776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人権の思想 武田清子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想