山岳宗教と民間信仰の研究

櫻井徳太郎 編

いったいに、山岳信仰が国民全体の信仰生活のなかでどういう境位を占めているのか、またどのような存在意義をもっているのか。その根拠を明らかにするためには、何をおいても地域社会の信仰基盤そのものに究明のほこ先を直接向けねばなるまい。つまり民間信仰の全体像を的確にえぐりだしながら、そのなかで、山岳信仰や山の神信仰が果たす役割を問いつめる作業が必要となろう。具体的にいえば、宗教の立場から山岳信仰を追いかけるのではなくて、民間信仰に立脚点をおいて問いかける方向である。本編では、この点を特別に重視して研鑚を重ねられた諸論考をあつめ、今後の展望に資するようにしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 民間信仰と山岳宗教
  • 第1篇 山岳信仰の展開と山の神
  • 第2篇 修験道と民間信仰
  • 第3篇 山岳信仰と講集団
  • 第4篇 民間信仰と地方霊山

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山岳宗教と民間信仰の研究
著作者等 桜井 徳太郎
書名ヨミ サンガク シュウキョウ ト ミンカン シンコウ ノ ケンキュウ
シリーズ名 山岳宗教史研究叢書 6
出版元 名著
刊行年月 2000.11(第7刷)
版表示 オンデマンド版
ページ数 541p
大きさ 21cm
ISBN 4626015905
NCID BA52138718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20699668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想