規範としての文化 : 文化統合の近代史

谷川稔 他著

近代社会における文化統合、すなわちモラル・ヘゲモニーの生成と変容のプロセスをさまざまな角度から分析する、「近代社会史研究会」によるマニフェスト的論文集の新装版。学校、教会、家族、青少年サークルを舞台とする葛藤、学校教科書と歴史学の制度化、革命祭典と公教育、女子教育の世俗化、移民の「同化」、人種主義と地域共同体、飲酒の規制、野球やボクシングに見る道徳・宗教規範など、多彩なテーマがとりあげられる。時間的には18世紀から1930年代までの長いスパンをとり、空間的にはフランス、ドイツ、イギリスから、イタリア、アメリカ、オーストラリア、さらには日本にいたるまで、広汎な地域をカバーして、文化ヘゲモニー装置の両義的なメカニズムを明らかにしようとする。「若かりし」社会史家たちによる論文集が、いま新しい「記憶の場」として蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 文化統合の社会史にむけて
  • 1 モラル・ヘゲモニー・社会化
  • 2 パトリオチスムと歴史の動員
  • 3 公教育のヤヌス
  • 4 同化と異化
  • 5 身体と規範

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 規範としての文化 : 文化統合の近代史
著作者等 原田 一美
小山 静子
小林 亜子
小澤 英二
山田 史郎
常松 洋
村上 真弓
松井 良明
栖原 弥生
渡辺 和行
田中 正人
藤川 隆男
谷口 健治
谷川 稔
書名ヨミ キハン ト シテノ ブンカ : ブンカ トウゴウ ノ キンダイシ
書名別名 Kihan to shiteno bunka
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 59
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.7
版表示 新装版
ページ数 502p
大きさ 22cm
ISBN 4623038521
NCID BA63092925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20452843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想