死者の救済史 : 供養と憑依の宗教学

池上良正 著

死者の想いをどのように受けとめ、どう対処していくかという問題は、我々にとって切実な課題である。死者となった祖先は生者を見守っていると考える一方で、怨念や羨望に苦しむ死者は、生者に不幸をもたらすとも考えられてきた。死者が安らかな存在に昇華すれば、死者と生者は共に救われる。民衆宗教史の大きなテーマに対して、日本仏教の土着化に新たな視点を提示、日本人の宗教観を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 苦しむ死者と日本の民衆宗教
  • 第2章 仏教説話集に見る死者の救済
  • 第3章 供養システムの深化と定着
  • 第4章 比較死者供養論にむけて
  • 第5章 憑依再考
  • 第6章 仏僧と憑依
  • 第7章 憑依から供養へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死者の救済史 : 供養と憑依の宗教学
著作者等 池上 良正
書名ヨミ シシャ ノ キュウサイシ : クヨウ ト ヒョウイ ノ シュウキョウガク
書名別名 Shisha no kyusaishi
シリーズ名 角川選書 354
出版元 角川書店
刊行年月 2003.7
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 4047033545
NCID BA63115190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20453802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想