日本近現代史を問う

山田敬男 編著

本書は、月刊誌『学習の友』に連載された「日本近現代史を学ぶ」をもとに各執筆者が手を入れてできあがったものである。とくに日本近現代史を学ぶうえでポイントになる問題を重点にして構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちの歴史学習と歴史観
  • 明治維新は革命だったのか
  • 自由民権運動と政府の関係をどうみるか-民権運動の意味と明治憲法体制の成立
  • 日清・日露の戦争は自衛のための戦争だったのか
  • 朝鮮は眠り続けていたのか-韓国併合と朝鮮人差別
  • 日本はいつ神の国になったのか
  • 日本帝国主義の形成と大正デモクラシー
  • 世界大恐慌から日中戦争へ-どのような意味で歴史の岐路であったのか
  • アジア太平洋戦争はどういう戦争であったのか
  • 日本の戦争犯罪を検証する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近現代史を問う
著作者等 安仁屋 政昭
山田 敬男
書名ヨミ ニホン キンゲンダイシ オ トウ
書名別名 Nihon kingendaishi o to
シリーズ名 シリーズ世界と日本21 19
出版元 学習の友社
刊行年月 2002.11
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 476171221X
NCID BA59445726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20420605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想