私説柳田國男

櫻井徳太郎 著

柳田国男とは、どんな人物だったのか。民俗学研究所解散の秘話や、門弟教育のエピソードを晩年の愛弟子が語る。民俗学の体系化に傾けた情熱や先祖の話など、柳田学をわかりやすく解説。これからの民俗学を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 柳田国男と民俗学研究所(私と日本民俗学会-「民俗学研究所」解散前後を中心にして
  • 柳田と民俗学研究所の解散
  • 柳田国男の晩年)
  • 2 柳田民俗学の理解と方法(柳田民俗学の批判と継承
  • 郷土における民俗像の復原-歴史民俗学の構想
  • これからの民俗学
  • 『先祖の話』
  • 仏教民俗学への志向-民間仏教信仰解明の立場
  • ケ・ケガレ・ハレの三極構造-柳田学の発展的継承)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私説柳田國男
著作者等 桜井 徳太郎
書名ヨミ シセツ ヤナギタ クニオ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.8
ページ数 257p
大きさ 20cm
ISBN 4642077782
NCID BA63036254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20451725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想