学問と職業としての数学

コルモゴロフ 著 ; 山崎昇 [ほか]訳

20世紀最大の数学者の1人コルモゴロフが数学の思い出や数学教育、数学の職業について、生徒、大学生、数学教師に格調高く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数学者としての省察(わたしはどのようにして数学者になったか
  • 学問の指導者 ほか)
  • 第2章 学校数学の基礎概念(関数とは何か
  • 関数のグラフとは何か ほか)
  • 第3章 生徒向けのわかりやすい講義(確率論と組合せ論への入門
  • 半対数グラフと両対数グラフ ほか)
  • 第4章 教師向けの講義(数学の本性への現代的見解
  • 自然数 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学問と職業としての数学
著作者等 Kolmogorov, A. N.
Kolmogorov, Andreĭ Nikolaevich
丸山 哲郎
保坂 秀正
山崎 昇
馬場 良和
コロモゴロフ アンドレイ・ニコラエヴィチ
書名ヨミ ガクモン ト ショクギョウ ト シテノ スウガク
書名別名 Математика-наука и профессия

Gakumon to shokugyo to shiteno sugaku
出版元 大竹
刊行年月 2003.6
ページ数 356p
大きさ 21cm
ISBN 4871860965
NCID BA62657063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想