江戸の妖怪絵巻

湯本豪一 著

妖怪天国・日本。彼らの「爆発的増殖」は江戸時代に始まった。革命的妖怪本の登場、人と妖怪の意外な関係、日本妖怪史に残る事件など、妖怪たちは様々な場所で出没し、活動の場を広げていった。また、江戸時代の人々は妖怪たちとどのように付き合っていたのだろうか。二〇年以上、「妖怪」と名の付くものなら何でも収集してきた「日本最強の妖怪コレクター」が、豊富な妖怪図を中心に、妖怪たちのしたたかな素顔に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 妖怪本はここから始まった
  • 第2章 「妖怪絵師」たちが腕を競う
  • 第3章 おもちゃ絵、双六から歌遊びまで
  • 第4章 武士の持ち物に忍び込む
  • 第5章 日本妖怪史に残る事件
  • 第6章 妖怪爆発
  • 第7章 お見合い、結婚をする妖怪たち
  • 第8章 新聞記者、妖怪情報に奔走する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の妖怪絵巻
著作者等 湯本 豪一
書名ヨミ エド ノ ヨウカイ エマキ
書名別名 Edo no yokai emaki
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2003.7
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4334032044
NCID BA6292327X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20450841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想