落語の愉しみ

延広真治, 山本進, 川添裕 編

落語は、なぜおもしろいのだろう。おなじ噺を何度聴いても、なぜおかしいのか。ひとり語りの芸に、なぜ引き込まれるのか…。本冊では、四〇〇年の歴史をもつ古典芸能ならではの、落語のふしぎな魅力を解きあかす。読めば落語がもっと楽しくなる、落語好きのためのシリーズ、第一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桂米朝師匠に聞く
  • 落語はなぜおもしろいのか(落語はなぜ凄いのか
  • 『らくだ』が居る場所
  • 上方落語の特質
  • 円朝のネタさがし
  • 落語・講談と歌舞伎
  • 落語-中国からの視点
  • 落語の生成-かつぎや・しの字嫌い
  • 猿後家
  • 資料復刻 條野採菊『落語』)
  • 対談 落語をめぐって
  • インタビュー 柳家小三治
  • データ編(そもそも茶話-落語のみなもとは
  • 落語三万二千席-二〇〇二年・寄席ネタ帖全調査)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語の愉しみ
著作者等 中込 重明
今岡 謙太郎
大友 浩
小谷野 敦
山本 進
山田 洋次
川添 裕
延広 真治
条野 採菊
柳家 小三治
桂 米朝
武田 雅哉
荻田 清
長井 好弘
書名ヨミ ラクゴ ノ タノシミ
シリーズ名 落語の世界 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.6
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 400026298X
NCID BA62555201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20433471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想