仮想現実メディアとしての演劇 : フランス古典主義芸術における<演技>と<視覚>

矢橋透 著

十六世紀後半から十七世紀にいたる近代的世界観の形成期において、個人の主体化と世界の仮象化=客体化の意識をうながした「演劇」ひいては「絵画」というメディアの企てを、モリエールをはじめとするフランス古典主義芸術の作品のうちに読み解き、人間社会=現実世界における"演劇的なもの"の普遍的な力を炙り出す、注目の演劇学者による最新の研究成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 転形期の鏡-モリエール『プルソーニャック氏』について
  • 第2章 王は踊る/王は見る-モリエール『豪勢な恋人たち』について
  • 第3章 演技と排除-モリエール『町人貴族』に関する文化の詩学
  • 第4章 演技の光と影-ラシーヌ『バジャゼ』について
  • 第5章 仮想現実メディアとしての演劇-コルネイユ『イリュージョン・コミック』について
  • 終章 「フランス古典主義演劇再考」の研究史的批評史的意義
  • 付章 近代形成装置としての絵画-プッサン『ピュラモスとティスベのいる嵐の風景』を巡って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮想現実メディアとしての演劇 : フランス古典主義芸術における<演技>と<視覚>
著作者等 矢橋 透
書名ヨミ カソウ ゲンジツ メディア ト シテノ エンゲキ : フランス コテン シュギ ゲイジュツ ニ オケル エンギ ト シカク
書名別名 Kaso genjitsu media to shiteno engeki
出版元 水声社
刊行年月 2003.6
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 4891764929
NCID BA62637532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20430427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想