死の準備

日本死の臨床研究会 編

死をタブー視してきた伝統的価値観に対し、「死への準備教育」という新たな価値観が提議され、日本人の死生観は大きな転換期を迎える。それとともにターミナルケアをめぐって社会精神医学、比較文化学、臨床心理学、社会学といった異職種からのアプローチがなされ、市民の側も死の看取りへの関心が高まりを見せていく。高齢者のターミナルケア、ガンの告知と死の準備、死の臨床と精神医学の接点ほか、詳細な6症例の検討、さらに8本の原著を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シンポジウム1 高齢者のターミナルケア
  • シンポジウム2 死の受容-東西霊性交流の立場から
  • シンポジウム3 日本におけるホスピスの現状と課題
  • 自己の探求-ケアの実践のために
  • 私たちの長い命のために
  • 癌の告知と死の準備
  • 総合病院精神科における終末期老人患者へのターミナルケア
  • ナースコールの工夫(音声感知型ナースコール)による四肢麻痺患者の看護-器具の工夫で不安と疼痛が軽減出来た一事例を通して
  • 医療費の分析から見たホスピスケア
  • 終末期がん患者に対する症状コントロールとしての外科的治療〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の準備
著作者等 日本死の臨床研究会
書名ヨミ シ ノ ジュンビ
シリーズ名 死の臨床 / 日本死の臨床研究会 編 5
出版元 人間と歴史社
刊行年月 2003.6
版表示 新装・新訂版
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4890071407
NCID BA62602786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20414308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想