青春彷徨 : ペーター・カーメンチント

ヘルマン・ヘッセ 作 ; 関泰祐 訳

アルプスの山の子ペーターは、町の高校から都会の大学へと教養コースを進む。初恋、母の死、そしてパリ滞在は、彼を次第に人間ぎらいにしてゆく。痛む心を慰めてくれたのは、アッシジの人々の素朴なあたたかさだった。老父の病いの報を受け、ペーターは、父の代りに働こうと故郷へ帰ってゆく。ヘッセの出世作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青春彷徨 : ペーター・カーメンチント
著作者等 Hesse, Hermann
関 泰祐
ヘッセ ヘルマン
書名ヨミ セイシュン ホウコウ : ペーター カーメンチント
書名別名 Peter Camenzind

Seishun hoko
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1964.5(第41刷:2003.1)
版表示 第20刷改版.
ページ数 208p
大きさ 15cm
ISBN 400324351X
NCID BN01987962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20419505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想