漢字論 : 不可避の他者

子安宣邦 著

漢字論の視点による日本文化論の基底に向けた批判的分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「漢語」とは何か
  • 第2章 『古事記』-この漢字書記テクスト
  • 第3章 他者受容と内部の形成-漢文訓読のイデオロギー
  • 第4章 翻訳語としての近代漢語-「倫理」概念の成立とその行方
  • 第5章 漢字と「国語の事実」-時枝言語過程説の成立
  • 第6章 漢字と自言語認識-国語と日本語と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字論 : 不可避の他者
著作者等 子安 宣邦
書名ヨミ カンジロン : フカヒ ノ タシャ
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.5
ページ数 234, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4000224328
NCID BA62155407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20423188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想