神の発明

中沢新一 著

内部視覚、瞑想、夢の時間…。「宗教的思考」の根源はどこにあるのか?精霊が超越を生む。高神から唯一神へ。"精神の考古学"が、神々の基本構造をあざやかに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スピリットが明かす神の秘密
  • 脳の森の朝
  • はじめての「超越」
  • 神にならなかったグレートスピリット
  • 自然史としての神の出現
  • 神々の基本構造(メビウス縫合型
  • トーラス型)
  • 高神から唯一神へ
  • 心の巨大爬虫類
  • 未来のスピリット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の発明
著作者等 中沢 新一
書名ヨミ カミ ノ ハツメイ
書名別名 Kami no hatsumei
シリーズ名 カイエ・ソバージュ 4
講談社選書メチエ 4
出版元 講談社
刊行年月 2003.6
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 4062582716
NCID BA62428419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20422884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想