〈パリ写真〉の世紀

今橋映子 著

アジェ、クルル、ケルテス、ブラッサイ、ドアノー、イジス、エルスケン、カルティエ=ブレッソンらの膨大な資料を駆使し、写真と文学のコラボレーションからパリ神話の成立と解体を読み解く刺激的な一冊。サントリー学芸賞、渋沢・クローデル特別賞受賞の著者によるパリ三部作の完結編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸の記憶・都市の映像-リヴィエール/コバーン/福原信三
  • 第1部 パリ神話の成立と文学/写真("パリ写真"とは何か
  • 十九世紀生理学の影-始まりとしてのアジェ)
  • 第2部 写真集というトポス(都市のグラフィズム-ジェルメーヌ・クルル『メタル』
  • 遊歩者の手法-『アンドレ・ケルテスの見たパリ』
  • 思考の星座-ブラッサイ『落書き』 ほか)
  • 第3部 パリ写真の展開(報道か、アートか-カルティエ=ブレッソン
  • 街路と演出-モード写真
  • カメラなき都市写真 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈パリ写真〉の世紀
著作者等 今橋 映子
書名ヨミ パリ シャシン ノ セイキ
書名別名 Pari shashin no seiki
出版元 白水社
刊行年月 2003.6
ページ数 537, 92p
大きさ 22cm
ISBN 4560038945
NCID BA62298903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20417432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想