古文真宝<前集>

星川清孝 著 ; 白石真子 編

『古文真宝』は『唐詩選』や『文章軌範』とともに、詩文を学ぶ者の必読書であった。『唐詩選』が唐の詩に限られているのに対して、『古文真宝前集』は、古詩十九首や楽府、六朝の詩篇、唐宋の名作を網羅している。本書はそれら一部の名作を紹介したもので、名詩を親しむのに役立つ良書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真宗皇帝の勧学(真宗皇帝)
  • 仁宗皇帝の勧学(仁宗皇帝)
  • 白楽天の勧学の文(白楽天)
  • 朱文公の勧学の文(朱文公)
  • 清夜吟(邵康節)
  • 七歩の詩(曹子建)
  • 田園の居に帰る(陶淵明)
  • 王右軍(李太白)
  • 全椒山中の道士に寄す(韋応物)
  • 柳公権の聯句に足す(蘇子瞻)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古文真宝<前集>
著作者等 星川 清孝
白石 真子
黄 堅
書名ヨミ コブン シンポウ ゼンシュウ
書名別名 Kobun shinpo zenshu
シリーズ名 古文真宝 16
新書漢文大系 16
出版元 明治書院
刊行年月 2003.5
ページ数 168p
大きさ 18cm
ISBN 4625663253
NCID BA62648415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20417078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想